解説付き!街道、玉川上水、浄水場などみんなが知らない新宿・西新宿・初台の歴史と開発を楽しむお散歩です!都庁展望室の夜景観賞も行きます♪

新宿〜初台ナイトウォーク イベント

淀橋浄水場と西新宿

淀橋浄水場(よどばしじょうすいじょう)は、かつて東京都新宿区にあった東京都水道局の浄水場である。廃止当時の正式部署名は「東京都水道局東村山浄水管理事務所淀橋浄水場」であった。

概要
1898年(明治31年)12月1日通水。原水は玉川上水から引き入れた。1965年(昭和40年)3月31日をもって廃止され、機能は東村山市の東村山浄水場に移された。

跡地の再開発計画として新宿副都心計画がスタートし、1960年代後半から京王プラザホテルを皮切りに住友ビル、三井ビル、東京都庁舎など、次々と超高層ビルの建築が進んだ。現在は新宿中央公園の一角に淀橋給水所が残る。

淀橋は青梅街道が神田川をまたぐ橋で、浄水場が設置された当時には、東京府豊多摩郡淀橋町(現在の西新宿、北新宿一帯)の地名になっていた。この地は昭和時代には東京市へ編入され、東京市が15区から35区となった際には「淀橋区」の区名にもなった。

「淀橋」の地名は現在、ヨドバシカメラや東京都中央卸売市場淀橋市場、新宿区立小学校・幼稚園などにその名を残すのみである。

Wikipedia

今回訪れる予定の場所

みんなの泉(馬水槽)【新宿区指定有形文化財】

1️⃣淀橋浄水場跡(エルタワー横)

2️⃣新宿歩行者専用道第2号線「タイムズ・アベニュー」※東京都建設局

2️⃣東京水道発祥の地 (旧淀橋浄水場 蝶型弁)

3️⃣淀橋浄水場の煉瓦のモニュメント

4️⃣東京都庁第一本庁舎 南展望室

1️⃣新国立劇場

2️⃣改正橋跡

3️⃣旧代代幡町燈篭

代々幡町(よよはたまち)は、東京府豊多摩郡にかってあった町。1889年(明治22年)に南豊島郡の代々木村と幡ヶ谷村とが合併して代々幡村が誕生した。1896年(明治29年)に南豊島郡が東多摩郡と合併して豊多摩郡となり引き継がれ、1915年(大正4年)に代々幡村が町制施行して豊多摩郡代々幡町となった。その後、1932年(昭和7年)に郡ごと東京市へ編入され、渋谷町、千駄ヶ谷町と合併して渋谷区となり、代々幡町は消滅した。なお、代々幡村は京王電気軌道(現:京王電鉄)創業の地であり、京王グループ発祥の地でもある。

Wikipedia

3️⃣玉川上水跡

4️⃣玉川上水のモニュメント

4️⃣葵橋跡

確認テスト

今回はありません

イベントの様子

この記事を書いた人
ゆる歴史散歩会 会長
なかまつ

北海道大学工学部卒。美術館は週に2回、海外旅行は年に6回行く、ゴリゴリの理系出身のIT系ビジネスマン。隣が図書館のため毎月10冊の本を借りている。趣味の延長で、東京の歴史や芸術を楽しむゆる〜いイベントを企画している。

なかまつをフォローする
イベント
ゆる歴史散歩会【公式】東京の歴史を巡る散歩サークル
タイトルとURLをコピーしました