神田ナイトウォーク!江戸時代からの地名が残る神田エリアの史跡を巡ります♪

イベント

神田の歴史

神田区は東京府東京市にかつて存在した区。

1878年~1932年 東京15区時代

1932年~1947年 東京35区時代

1947年~現在 東京23区時代。このとき麹町区と合併し、千代田区ととなった。

神田の歴史(三井住友トラスト不動産)

神田は江戸・東京の中でも歴史ある地。「神田明神」は奈良時代創建と伝わり、鎌倉時代には平将門も祭祀され、江戸期には江戸の総鎮守として崇敬された。江戸初期に江戸の街が整備されると、神田の東部は主に町人地、西部は主に武家地とされた。明治期に入ると、江戸期からの商業はさらに発展したほか、武家地一帯には「東京大学」など、多くの大学・学校が誕生、文教の地となり、周辺は学生の街として賑わうようになった。路面電車や鉄道が開通すると、須田町・万世橋周辺は交通の要衝となり、東京有数の繁華街となった。古くより、多くの人が集まる地であったことから「岩本町繊維問屋街」「神田古書店街」「秋葉原電気街」など多様な専門店街も形成され、現在も神田の商業の特徴となっている。

今回訪れる所

1)神田下水

2)物揚場跡

3)鎌倉河岸跡

4)龍閑橋親柱・橋桁

5)今川橋跡(龍閑川)

6)千代田区町名由来板 神田紺屋町(南部)碑

7)千代田区町名由来板 美倉町・西福田町

8)千代田区町名由来板 北乗物町

9)玄武館跡

この記事を書いた人
ゆる歴史散歩会 会長
なかまつ

北海道大学工学部卒。美術館は週に2回、海外旅行は年に6回行く、ゴリゴリの理系出身のIT系ビジネスマン。隣が図書館のため毎月10冊の本を借りている。趣味の延長で、東京の歴史や芸術を楽しむゆる〜いイベントを企画している。

なかまつをフォローする
イベント
ゆる歴史散歩会【公式】東京の歴史を巡る散歩サークル
タイトルとURLをコピーしました