武蔵国分寺公園の紅葉散歩と武蔵国分寺の史跡・遺跡巡りをします

武蔵国分寺は聖武天皇の全国国分寺建立の詔の直後に工事が着工され8世紀中頃の西暦750年~760年には既に完成していました、その寺域は奈良の東大寺に次ぐ規模で大国の国級である武蔵国に相応しい壮大な寺院でした、1333年(元弘3年)分倍河原の合戦で鎌倉幕府の軍に敗れた新田義貞は当時鎌倉幕府の管理下にあった武蔵国分寺に火をかけて敗走しました、これにより幕府軍は武蔵国分寺の救済を優先し義貞追討を断念します、その翌年の1334年(建武元年)義貞は前年の放火の御詫びと武蔵国分寺の再興をかねて黄金300両と伽藍200目を寄進して更にその翌年には薬師堂を建立しています。

関東、歴史旅行情報の「武蔵国分寺」より

中央鉄道学園記念碑

お鷹の道・真姿の池湧水群

お鷹の道

武蔵国分寺跡資料館(おたかの道湧水園 100円)

土師竪穴住居跡

武蔵国分寺跡

国分寺市文化財資料展示室(無料)

武蔵国分尼寺跡

⑨西国分寺駅

この記事を書いた人
ゆる歴史散歩会 会長
なかまつ

北海道大学工学部卒。美術館は週に2回、海外旅行は年に6回行く、ゴリゴリの理系出身のIT系ビジネスマン。隣が図書館のため毎月10冊の本を借りている。趣味の延長で、東京の歴史や芸術を楽しむゆる〜いイベントを企画している。

なかまつをフォローする
イベント
ゆる歴史散歩会【公式】東京の歴史を巡る散歩サークル
タイトルとURLをコピーしました