田端|文士・芸術家の村「田端」の歴史をみます!芥川龍之介や有名漫画家など♪

田端の歴史 イベント

作成中

イベント案内

サークル管理サイトのつなげーと(こちら)を使用しています♪
招待コードが求められた場合は「542290」を入力してください。利用手数料(500円)が無料になります♪

田端文士村

田端は明治中期までは閑静な農村でした。1887年、上野に東京美術学校(現在の東京芸術大学美術学部)が開校しました。それに伴い田端に芥川龍之介、菊池寛、小杉放庵、板谷波山など小説家や作家(=文士)が集まり住むようになりました。

芥川龍之介(小説家)

室生犀星(詩人・小説家)

菊池寛(小説家)

小杉放庵(画家)

板谷波山(陶芸家)

吉田三郎(彫刻家)

香取秀真(鋳金家・歌人)

山本鼎(画家・版画家)

萩原朔太郎(詩人)

堀辰雄(小説家)

佐多稲子(小説家)

イベントレポート

イベント終了後に投稿します。

この記事を書いた人
ゆる歴史散歩会 会長
なかまつ

北海道大学工学部卒。美術館は週に2回、海外旅行は年に6回行く、ゴリゴリの理系出身のIT系ビジネスマン。隣が図書館のため毎月10冊の本を借りている。趣味の延長で、東京の歴史や芸術を楽しむゆる〜いイベントを企画している。

なかまつをフォローする
イベント
ゆる歴史散歩会【公式】東京の歴史を巡る散歩サークル

コメント

タイトルとURLをコピーしました